スタッフブログ

子供部屋のこと

 

こんにちはクローバー

 

暑かった夏も過ぎ去り

いよいよ10月です。

 

一日が終わるのが早くて

最近では1ヶ月がとても早く感じますニコニコ

 

仕事、育児、家事と一日が目まぐるしく

そんなお母さん達は

自分の時間や休める時間って

みんなどの位あるのだろう。

 

 

今日は、ずっと悩んでいた

子供部屋(個室を与える)

の事。

ある本を読んだら

解決できたお話しです。

 

 

私には、小学校6年の娘と

小学校2年の息子がいます。

 

今、現在の子供部屋は

6.5帖の部屋に

学習机2つ、二段ベッドが置いて

あります。

リビングと繋がって

いるのでオープンになっています。

 

寝る時に間仕切りの建具で

仕切られるようになっています。

 

 

 

一つの部屋を二段ベッドで

仕切って机を置いてます。

 

学校の寮生活みたいな感じですあせる

 

勉強は隣の部屋のリビングで

してるので、この部屋の使い方は

 

*子供が寝る場所

*時間割(学校の準備)

 

がメインです。

 

窮屈になると分かっていても

二段ベッドを置いた一番の理由は

娘が一人になれる場所を

作ってあげたかったから。

 

部屋が足りないので

その時考えた最善の方法でした。

 

 

来年、長女は中学生。

学校ではお友達と交換日記を

していて親にはみられたくない

内容だったり、いきなり泣いて帰ってきたり

子供に対する心配事は常にもっています。

 

 

弟と一緒なのでいつまでも同じ部屋

というわけにはいかないですし…。

 

皆さんはいつからお子さんに

個室を与えますか?

 

 

ある日、娘に『自分の部屋欲しい?』

と聞いた事がありました。

 

そしたら『今は要らない』と答え

 

続けて 『でも、趣味の部屋は欲しいかも』

そう言われました。

 

 

最近、1冊の本を読んでいました。

 

わが子を天才に育てる家/

一級建築士の八納啓造さんの著書

 

『勉強部屋なんていらない!』

と見出しが付いてます。

 

いろんな【なるほど】が沢山

書いてあって今の暮らし方と

照らし合わせながら自然に読む事

が出来ました。

 

また、これからマイホーム

を考えてる方にも

大変参考になる本でした。

 

読み終えてから

思った事は

 

 

『今のままで、まだ、大丈夫なんだ』

 

むしろ

これで間違えてなかったんだと思えたのです。

 

子供部屋=勉強部屋

ではないと言う事。

 

子供部屋を造らないのではではなく

 

子供部屋の在り方として

 

*子供が寝る場所

*一人になれる場所

*学校の準備身支度をする

*趣味を楽しむ

 

このスペースがあればいいのです。

 

子供にとって学習する場所は

家族が居て一番安心する

リビングやダイニングだそうです。

 

なぜ、リビング学習がいいと

言われている根拠が分かりました。

 

今の私の考えは

 

子供がやりたい事を

やりたい場所で見守る。

 

そのうち、親が言わなくても

自分から学習机に向かう日が

来るでしょう。

 

例えばリビングで夫婦喧嘩ばかりして

子供が居心地悪いと感じれば

そこから離れて

自分の部屋へ行ってしまいます。

 

逆に子供がリビングに

居ると言う事は

そこが、居心地がいいと言う事んです✨

 

 

 

ダラダラ・ゴロゴロでいいのです。

 

娘は一人で何かを

したい時は自分のスペース

でイヤホンをして音楽を聴きながら

勉強してたり、イラストを描いてたり

本を読んでいたり

そこでストレスを発散しています。

 

自分で言ってましたあせる

 

その時の気分で

リビングと自分のスペースを

行き来しています。

 

今の時代は昔と違い

子供もネットの時代です。

子供が一人個室でずっと

ネットやゲームをして、

こもっていたら

心配じゃないですか?

 

やるなら家族の気配が感じる

所でやってもらった方が

まだ安心だと思っています。

 

この本をきっかけに

子供や家族とのコミュニケーションの大切さ

子供部屋の在り方など考えさせられました。

 

子供がいきいきする環境

は親子も幸せにする

(著書より抜粋)

 

++++++++++++

 

モデルハウス内覧会のお知らせ

 

10月5日(土)6日(日)12(土)13(日)

      10:00~16:00

 

施工面積36坪。

 

 

 

ゆったりとしたLDKは

家族みんなが

安心して自由に過ごせる

心地良い場所。

 

自分の「すきなモノ」をちょっと飾り

心にゆとりを与えてくれるそんな場所。

 

 

↑こちらクリックでモデルハウスの詳しい詳細が見れますクローバー

 

 

 

↑こちらクリックで施工事例・

気になるお値段の事など詳しく見れますクローバー