整理収納

夫婦の価値観が合わない時

異様なタイトルになってますが (-_-;)

きっと、私だけではないはず…

暮らしにおいて『夫婦の価値観が合わない』は
よくある事だと思っています。

価値観と言っても沢山あります。

・お金の価値観が違う
・趣味の価値観
・子育て
・食事・食べ物の違い
・仕事に対する考え方
・モノの持ち方
・好みが違う

我慢をしながらの生活では
いつか限界が来ます。

 

大事な事は『相手を否定しないこと』
だと思っています。

 

会話を通し、お互いの意見を伝えあいながら
尊重し、思いやりを忘れずにしたい。

 

家づくりにおいても、この問題は付きものです。

 

なぜ、この話になったのか?

ここからの話は、我が家の話です。

家族団欒の場所・それぞれの
リビングでの過ごし方で起きた出来事です。

 

リビングにテレビが2つ?

 

8帖個室にテレビ2台必要ですか?(笑)

私がお正月、箱根駅伝を見ていた事で
みんな暇になり、旦那がしまっていた
テレビを持って来たことが始まりでした。

 

 

その時は、床にテレビを置いてゲームをしてました。
(箱根駅伝も終わったしまた戻してくれるかなと思っていました。)

我が家は、私以外 みんなゲームが好きなんです。
任天堂スイッチ、プレステ、x-box、wii、3DS、…

 

先日、お正月休みを利用して、このテレビまわりを改善しようと思ってました。

ご覧の通り、ゲーム機で溢れてます…

今回、写真左側の木製の小さなチェストを処分して
もう少し大きな棚を購入し
そこにゲーム関係をまとめようと思いました。

 

私も、鬼ではありません。

みんなが過ごしやすいようにしたいだけ。
そんな中でも、私が好きな雰囲気は崩したくない…。

そこで、選んだ棚が
カインズホームのオープンラックでした。

ちょっとした空間の間仕切りに使われたりもしますよね。

今回は『ゲーム類をまとめるので配線が出せるもの』にしたかった訳です。

皆さん、もうご想像出来ましたか?

 

そうなんです。

この棚の上にテレビが置かれてしまったのです(-“-)ガーン

 

 

 

 

確かに、ゲームするにはいい場所だと思います。

子供たちも『うわ~』ってニコニコだし…。

「じゃあ、この大きなテレビをやめようよ」
と提案しましたがダメでした。

あくまで、「ゲーム用のテレビ」「番組を見るテレビ」
だそうです。

ゲームをするにはちょうどいい大きさだったようです。

 

みんなの『こうしたい』は、いったん
受け入れてます。

 

それぞれの時間、好きな事が出来るなら。

 

 

それにしても、リビングにテレビ2台は
見たことがない (笑)

圧迫感が凄くて 私が、落ち着つきませんでした。

そして、私は考えました✨

このゲーム用のテレビの存在を
消す事に成功したのです(´艸`*)

 

 

 

 

 

消えました(´艸`*)

どうでしょうか…?

 

白い布を購入し、ミシンで縫い
カバーを作りましたよ☆

 

私が思う暮らしを楽しむことって
こう言う事なんだなと、あらためて感じました。

自分だけの場所ではないから。