水害【復旧工事】I様邸 元気になって良かった

こんにちは(^^)

先日、郡山市安積町
I様邸の工事が終了しました✨
現在は、仮設住宅から自宅に戻り
元気に元の生活を送られています。

お引渡しの日、ご主人に
「この3ヵ月は長かったですか?」
聞きました。
そうすると「いいや、仮設住宅も快適だったから、そんなことないよ」
言っていた事を思い出します。

 

はじめは、修復するのに知り合いの方にお願いしたそうですが
「乾かさないと出来ない」と言われ断られたそうです。

 

I様との出会い

I様と出会ったきっかけは、弊社のお客様のお友達でした。
I様は、ペットがいた為、仮設住宅に入れず
しばらく、お友達の自宅でお世話になっていたのです。
弊社のお客様から相談を受けたことで
現地へ向かいました。

被害状況がひどく
手がつけられない状況でしたが
送風機で乾かす事はできます。

『今、出来る事をやる』

 

前へ進む

打ち合わせと見積もりを重ねている時期に
ちょうど仮設住宅が空きました。

 

いよいよ工事が入ります。

先ずは、環境から整えました。

 

↑ 整える前

↑ 整えた後・南面のお庭を整備し、光が入るようにしました。

 

↑ リビングダイニング・施工前

↑ 荷物を片付け、室内と床下を乾かして消毒をしました。
自然光が入り、室内の臭いも無くなって来ました。

 


↑ リビングダイニング・施工後

 

↑工事前(黄色の枠部分に壁を設け奥様の部屋を作りました)

 

 

壁を設け建具を取り付けました。

 

奥様の部屋*障子も張り替えキレイになりました✨

押入れも扉を無くし、パイプハンガーを設置し、使いやすくしました。
奥には既存のウォークインクローゼットがあります。

 

 

↑ 上の写真と同じ場所(工事前)

 

本当に、見違えるほどキレイになりました。
室内が明るくなりましたよね(^^)

 

そして、何よりも、一番変わったのは
ご主人でした。
声も表情も明るくなり別人のようでした。

奥様も体調がすぐれなかったのですが
今では、元気になられ

本当に良かったです。

↑ 玄関・施工前

 

↑ 玄関・施工後

 

↑ 洗面所・施工前

↑ 洗面所・施工後


↑ トイレ・施工前

↑ トイレ・施工後

 

↑ ご主人の部屋・施工前

 

↑ ご主人の部屋・施工後

 

水害【復旧工事】S様邸 お引渡し

こんばんは(^^)

先日、郡山市田村町のS様邸の工事が終了致しました✨
工事期間は約3ヵ月でしたが
長いのか、短いのかは 分かりません。

ただ、私自身 3ヵ月以上経っている感覚で
実際、あの台風から「まだ3ヵ月なんだ」と、思ったのです。

なぜだろう...。

 

 

昨年、10月に台風19号の影響により各地で河川の堤防決壊
や氾濫により広範囲に渡り甚大な被害をもたらしました。

この日は忘れもしない モデルハウス内覧会の日でした。
携帯に緊急エリアメールが届いた為、その後中止となりました。

弊社で建てたお客様全員に電話を掛け被害状況を確認しました。

S様は、弊社で建てた住宅です。

 

今でも、あの悲惨な状況が目に焼き付いていて
現場へ向かうたび、自然災害の恐ろしさを感じています。

当時は、床下の水抜きと、乾燥させることに時間を費やし
先が見えなかったのですが、床下の消毒が出来るようになり
工程が進むにつれて「あと、もう少し」と、
ようやく先が見えるようになりました。

初めて「ほっ」とした瞬間でもあります。

 

工事完了・お引渡し

 

 

 

この日をずっと待ち望んでいました。

長かったですよね…。

 

仏壇も補修して元の場所に帰って来ました。

家具、家電製品も全て新しく揃え
安心して、元の生活に戻る事が出来ました。

和室

 

 

ガレージ勝手口からパントリー  キッチン
クロス(壁紙)は 壁を補修した部分を腰壁のように仕上げました。

工事期間中は、S様ご家族の皆様が
毎日、一生懸命お手伝いして下さり
お話しをするたび
お家に対する愛情・愛着がとても伝わってきました。

本当に素敵なお家です。

 

S様は、毎日沢山の心配と、先が見えない不安でいっぱいでした。
それを所長が話しを聞き、解決して来ました。

きっと、S様だけではなく
被害に遭われた方 みんな同じ気持ちだと思います。

 

↑ 浴室ユニット部分

乾きにくい部分でしたが、壁を剝がして断熱材を取り除き
乾燥させ、修復しました。

 

本社(秋田県)の大工さんが手伝いに来てくれたおかげで
スムーズに工事が進みました。
大工さんを始め、S様邸に携わって頂いた職人さんありがとうございました。

 

 

ここまでこれたのも、S様ご家族のご協力があったからこそです。
いろいろとありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします(^^)

 

水害【復旧工事】 気持ち良く暮らしたい

こんにちは(*^-^*)
本日は、夏希さんと現場へ行ってました。
現在、水害でのリフォーム工事をしている田村町S様邸。
本日で年内の工事が終わりになるので
設備等の確認と簡単にお掃除をして来ました✨

 

S様は東日本大震災で被災し、現在の町へ引っ越して来ました。
その時、設計コンペで弊社を選んで頂き、8年前に建てました。
丁寧に暮らして頂いていて、まだ新築のお家のようにキレイです。
今回、2度目の被災で心が痛みます。

S様のお人柄が分かるくらい
水害直後、連日 S様の知人(いろんな方々)が遠方から
片付けのお手伝いに来ていました。

 

 

リフォーム工事中は、ご家族の皆さんもお手伝いして下さり
申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが一刻も早く片付けたい気持ち
だったので頼ってしまいました。常に頭の中はお家の事でいっぱいでした。
一番大変だったのが、この床下の断熱材を剝がす作業でした。

 

床下の消毒も行いました。


 

乾燥させてから断熱材を入れました。

 

新しいエアコンの室外機は また、水が上がった時の事を考え、地面から室外機を上げました。

 

浴室の外壁を剝がして乾燥させました。
S様は沢山、不安を抱かえていて とにかく
S様が気になるところは全てキレイにして
元に戻していきました。

本来の予定であれば
内装工事(クロス)が年明けてからなので
年内に家具を入れて引っ越し出来る段取り
を組んでいましたが、年明けのクロス張りで、また
ほこりが出て家具を移動させたり何かと大変に
なるんじゃないかとご家族の皆様が心配していたので
所長と話し合い、クロスが終わるまでもう少し待つと言う
判断をし、家具の配送を遅らせて頂きました。
やはり、ここまでキレイに消毒もして
納得いくまで乾かして、手を尽くしてきたので
ハウスクリーニングも終わってから家具を入れて

『気持ちよく暮らす』

これが、一番の目的なので焦らず進める事になりました。

 

 

キッチンも昨日、大工さんに設置して頂きました✨
S様がTOTOのショールームで選んだ【ザ・クラッソ】
やっぱりスタイリッシュでオシャレですね。

TOTOは、創業時の社名『東洋陶器』略です。

 

 

ちょうど先日、TOTOからご招待頂き お茶会に参加して来たんです。
TOTOはトイレ、洗面器などの衛生陶器で約6割のシェアがあり
日本で一番。また、ユニットバスはTOTOが最初に発売しています。
お茶会では、TOTOにちなんだクイズ大会もあり大変勉強になりました。

明日は、本社(秋田県)の忘年会があり参加して来ます。
秋田県は初めてなのでドキドキです(^^)

喜久田町でもインフルエンザが流行り始めました。
体調管理、手洗いうがいしっかりやって行きましょう☆

 

【水害】国の補助金と次世代住宅ポイントについて

こんにちは(^^)

本日は、月一発行している『建友だより』を配布してきました。
12月はカレンダーも一緒にお届けしましたよ。

また、被災者生活再建支援制度、国の補助金の申請書類をまとめたり
復旧工事(リフォーム)をしている中で取得できる【次世代住宅ポイント制度】
こちらが、現在のお客様に該当する商品があるかどうか確認してました。

 

被災者生活再建支援制度(国)

被災者生活再建支援制度とは、災害で住宅に被害があった世帯に対し
被害の程度や住宅の再建方法に応じて支援金が支給される制度です。
支給額は、2つの支援金(基礎支援金、加算支援金)の合計額になります。

https://www.city.koriyama.lg.jp/taihu19/21361.html

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

(郡山市ホームページより引用)

▼次世代住宅ポイント

次世代住宅ポイントとは

次世代住宅ポイント制度とは、
一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や
家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、
さまざまな商品と交換できるポイントを
発行する制度です。

https://www.jisedai-points.jp/

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

こちらの制度は、被災者再建支援支援制度で補助金を頂いても併用出来ます。
現在、リフォームをされている方は確認してみてくださいね。
会社によっては手続きが面倒な為、教えてない所もあるそうなので…

 

 

郡山市水門町のS様邸に念願のユニットバスが入りました(^^)
TOTOのサザナです。高断熱浴槽なので次世代住宅ポイント対象の商品です(24000ポイント)
S様は仮設住宅へは行かず
住みながら工事を進めていたので、
お風呂は銭湯へ行ってました。
先日、早速 お風呂に入ったS様より

「生きかえった~」と所長にメールが届きました(*^-^*)

我が家でお風呂に入れる幸せ。
S様のメッセージが、過酷だった日々を物語っていました。
ここまで本当に頑張りました。

 

 

 


昨日、ハウスクリーニングが入りました。
内装はリビング・和室は塗装仕上げ。ふすまも張り替え
とても綺麗になりました。

リビング→天井は水につからなかったので既存のままです。
床→既存の床の上にフローリングをはりました。
これからカーテンがつきます。

 

 

 

 

水害【復旧工事】前へ、進む

環境を整える

郡山市安積町。この地域も場所によって大変な被害状況に遭われていました。
その地域にお住まいのM様邸が今回の工事現場です。

以前のブログタイトル【水害から1ヶ月】の記事内に少し書いていましたが
M様は大規模半壊でした。

また、ペットがいる為
中々、仮設住宅が決まらず
本来、住めない状況のもと
自宅に居るほか無かったのでした。

しばらく、居住スペースを送風機で乾かしながら暮らしていました。
その中で、見積もりを作成し、予算内で出来る内容等の打ち合わせを重ねている中
仮設住宅が空き、やっと移動出来る事になりました。

ようやく工事も出来るようになりました。

まず、行ったのは 環境整備でした。
日当たりのいい南側の広いお庭が
草木で生い茂り
部屋の中がうす暗く、光が入らないので
濡れた部屋が乾きませんでした。

 

 

職人さんにより、サッパリして頂いた事で空間ができ光と風を取り込むことが出来ました。

 

ご主人の変化

初めてお会いした時、ご主人はやる気が無い状態でした。でもやらないと暮らせない。
いろんな複雑な気持ちを抱えながら、奥様がご主人に『やろう』と、説得していただいたり
所長も時間をかけ、気持ちをくみ取りながら、少しずつ信頼関係を築いてきました。

M様も徐々に心境の変化が現れて来ました。

お庭も整備され心地良い空気と光を感じることができ
空を見上げる事もできるようになったのかも知れません。

顔つきまで変わってきて今では、やる気に満ち溢れています。
ここまで、前に進む事ができて、本当に良かったです。

 

解体工事

いよいよ解体工事が始まります。

その前に、既存の床はそのまま使用するので
私と夏希さんで床の掃除と床の消毒を行いました。

庭が整備された事で、日当たりがよくなったのが分かります✨

秋田県(本社)の大工さんの応援で、2日間で解体が終わり
3日間で解体したものを片付けました。

 

 

廃棄処理を分別し、廃棄処理場まで運びました。
本社の社員さんが、片付けの手伝いに来て下さり私達には足りない『力』を貸して頂きました。

秋田弁の方言と福島弁の方言の会話はおもしろいんですよ。
私は、この数か月で、更に、なまった気がします(笑)

業者さんへお願いするのは簡単ですが
自分達で行う事で、処分費用がかなり抑えられます。

 

 

本日で、片付けが終了しました!

現在、今まで出来なかった床下を乾燥させています。
乾いたら床下と壁、外周りの消毒が入ります。

 

引き続き、水害に遭われたお客様で
どうしたらいいのか分からず、困っている方がいらっしゃいましたら
事務所までご連絡、又は、ホームページのお問い合わせより
メールにてお知らせくださいね。

今年も残り少なくなって来ました。
どうか、体調管理に気をつけて、無理せずお過ごしください(^^)

 

【復旧工事/消毒】郡山市水門町・田村町のお客様

こんばんは(^^)

ここ1週間、毎日現場へ行き
解体工事のサポートをしていました‼

 

私の現場での仕事は、大工さんが剝がした床(木材)と断熱材を仕分けし
軽トラックに積み回収場所まで複数回、運びます。運ぶのは私一人ではございません。
夏希さんと連動しながらお互いに協力しています。(^^)

大工さんが仕事を進めやすいようにテキパキこなします。
弊社では現在、本社(秋田県)の大工さんが手伝いに来ています✨

大工さんに片付けを期待されているので引き続き頑張ります☆

木材はリサイクルセンターへ運びました。初めてこの木材の山を見た時はとても
驚きました。一旦、回収をストップするそうです。この写真で写っているのは煙ではなく
水蒸気なのです。

先日、夏希さんとここに来た時に他の業者さんから
「これ、あんた達で運んで来たの!?」と驚かれてしまいました( ´艸`)

 

運び終わったら、基礎部分の掃除機がけを行います。
送風機をしばらくかけていても奥の方はまだ湿っていました。

壁も染み込んでいました。

今、この場所は綺麗に乾いてます✨

 

そして、本日、消毒の業者さんが入りました(^^)
先ずは、水門町のお客様からです。

水門町は190㎝も浸水していたので
ほぼ1階がダメになってしまいました。

 

床下に潜り込み消毒して行きます。

 

 

 

消毒は、エアースプレーの様な感じで行っています。壁を剝がした所、全て行います。
勢い良く噴霧され、吹きつけた所は濡れているので分かります。

 

 

外側も、しっかり行いました。

 

 

続けて、田村町のお客様宅へ行きました。

 

 

同じ様に隅々まで消毒を行いました。
消毒が終わると再び、木工工事が始まります。
断熱材を入れ床を張ります。

また元の生活が送れるように綺麗に内装していきます✨
職人さん、宜しくお願い致します‼

++++++++++++++++++++++

先日、同じく水害に遭われたお客様からお電話頂きました。
明日は、そのお客様のご自宅へお伺いし状況を確認して来ます‼

日に日に寒さが厳しくなって来ました。

1日でも早く、暖かく暮らせるように、職人さんと
力を合わせて頑張って行きたいと思います。