スタッフブログ

一年間ありがとうございました!

今年も残すところ3日となりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

昨晩、自宅ではお義母さんが、おもちをついてました(^^)
今日あたりからおせち料理の準備も始めるのではないでしょうか?
年末年始の準備、大掃除と済ませてお正月は
何もせず、ゆっくり過ごしたいですね。

 

 

本日で、年内のお仕事 最終日です。
所長は、リフォーム工事中の現場をまわり
私と夏希さんは、ご依頼頂いた資料請求を郵送したり、
事務処理を行いました。

そして、事務所・倉庫の掃除・整理整頓
軽トラックの洗車をしました。

 

 

 

今年は、この軽トラックと共に
毎日のように、現場に行きました。

昨日も、リフォーム工事現場へ行き、後片付けをし、
ゴミを分別回収して廃棄処理場まで持って行きました。

泥だらけの軽トラックを洗いながら
今年行った現場を思い出してました。

『一年間お疲れ様でした。ありがとう』と、
隅々まで拭き上げました。

 

それと同時に、お客様の笑顔も思い出しました。
また来年も、沢山の笑顔が見れるように
スタッフ一丸となって
1つ1つ、堅実に取り組んで行きたいと思います。

 

最後に、

いつもホームページ・ブログを見て頂いている
皆様、ありがとうございます。

又、はじめてブログを見に来て頂いた
皆様、ありがとうございます。

来年もまた、よろしくお願い致します。

 

渡辺カツミ

 

 

 

 

 

 

【秋田県】横手市モデルハウス

先日、本社(秋田県)の忘年会へ参加した時に
横手市にある弊社のモデルハウスを見学して来ました(^^)
写真多めで紹介したいと思います。

南欧styleプロバンスの家

 

 

 

ちょっとした雑貨も販売していて
モデルハウス+雑貨屋さんです✨

雑貨屋さんスペースです。
ナチュラル・アンティーク雑貨が並んでいます。
本社の高橋真由子さん(1級建築士)が手掛ける雑貨も販売していて
由利本荘市ではカリスマ的存在です。伊藤建友のアンティークスタイルは
この様な雑貨が似合うお家が始まりで真由子さんがはじめました。


玄関から入ると吹き抜けになっていてしばらく眺めてしまうくらい素敵な空間でした。
床暖房なのでエアコンは消してましたがとてもあたたかかったです✨

階段もアイアンの手すりが可愛いです✨

キッチンから見たダイニングとリビング和室です。

 

造作のテレビボードを間仕切り、小上がりの和室でくつろぎます。

この、和室のカウンター。よく見たら
足を伸ばせる掘りこたつのようになっていました✨

これいいですよね。子供たちの宿題スペースにしたいです。

 

 

こちら、キッチン背面の食器棚+パントリーです。
引き戸を開けると…

 

このように食器が沢山入ります。ディスプレイも可愛いです✨

キッチンから階段下通路を
抜けるとトイレ・洗面・浴室となります。

 

 

続いて、2階を紹介します。

 

階段を上がると
広いフリースペースが設けられいます。

 

 

↓ ロフト付きの子供部屋です。壁を入れて2部屋に出来ます。

 

 

 

 

↓ 部屋の小窓をのぞくと 1階のリビング和室が見えます。

 

 

 

↓ 勾配屋根を活かした寝室です

小屋裏のような落ち着いた雰囲気がとても良かったです。


最後になりますが、↑ 写真右側はウォークインクローゼットです。

時間の関係で短時間の滞在でしたが、見ごたえが沢山ありました。

スタッフの方と、もっとお話ししたかったです(^^)

そして、内装も良かったのですが生活がイメージできる

ディスプレイがとても参考になりました。

郡山市のモデルハウス『アンティークスタイル 風(かぜ)』

を、もう一度見直したいと思いました(^^)

 

 

 

 

【秋田県】伊藤建友(株)本社の忘年会

こんにちは(^^)
先日、12月21日(土)に本社(秋田県)の忘年会に参加して来ました。

 

伊藤建友の協力業者さんを含め、総勢 約100名と沢山お集まり頂きました。
そんな、大勢の中で今回、郡山営業所の江口夏希さん(1級建築士)が
宅地建物取引士・宅建の資格に合格し表彰されました✨
夏希さんは今回、参加できなかったので阿部所長が代理で挨拶致しました。

 

 

忘年会では、本社のスタッフの名前は知っていましたが実際にお会いして
話すのが初めてでしたので、とても嬉しかったです。また、クイズ大会などもあり
皆さん楽しんでいました☆今回、1泊2日でしたので

■本社(由利本荘市)
■同市で現在建設中の介護施設
■横手市にあるモデルハウス
■湯沢町に昨年オープンした【サービス付き高齢者向け住宅・プレミアムリゾート 桃源郷(とうげんきょう)

を見学して来ました(^^)

詳しくは別記事にまとめたいと思います☆

はじめての秋田県でしたが、秋田県は広い!
そして、現場も1時間以上掛かるので移動が大変でしたが
本社でやっている、大きな仕事を体感できてとても良かったです。

 

水害【復旧工事】 気持ち良く暮らしたい

こんにちは(*^-^*)
本日は、夏希さんと現場へ行ってました。
現在、水害でのリフォーム工事をしている田村町S様邸。
本日で年内の工事が終わりになるので
設備等の確認と簡単にお掃除をして来ました✨

 

S様は東日本大震災で被災し、現在の町へ引っ越して来ました。
その時、設計コンペで弊社を選んで頂き、8年前に建てました。
丁寧に暮らして頂いていて、まだ新築のお家のようにキレイです。
今回、2度目の被災で心が痛みます。

S様のお人柄が分かるくらい
水害直後、連日 S様の知人(いろんな方々)が遠方から
片付けのお手伝いに来ていました。

 

 

リフォーム工事中は、ご家族の皆さんもお手伝いして下さり
申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが一刻も早く片付けたい気持ち
だったので頼ってしまいました。常に頭の中はお家の事でいっぱいでした。
一番大変だったのが、この床下の断熱材を剝がす作業でした。

 

床下の消毒も行いました。


 

乾燥させてから断熱材を入れました。

 

新しいエアコンの室外機は また、水が上がった時の事を考え、地面から室外機を上げました。

 

浴室の外壁を剝がして乾燥させました。
S様は沢山、不安を抱かえていて とにかく
S様が気になるところは全てキレイにして
元に戻していきました。

本来の予定であれば
内装工事(クロス)が年明けてからなので
年内に家具を入れて引っ越し出来る段取り
を組んでいましたが、年明けのクロス張りで、また
ほこりが出て家具を移動させたり何かと大変に
なるんじゃないかとご家族の皆様が心配していたので
所長と話し合い、クロスが終わるまでもう少し待つと言う
判断をし、家具の配送を遅らせて頂きました。
やはり、ここまでキレイに消毒もして
納得いくまで乾かして、手を尽くしてきたので
ハウスクリーニングも終わってから家具を入れて

『気持ちよく暮らす』

これが、一番の目的なので焦らず進める事になりました。

 

 

キッチンも昨日、大工さんに設置して頂きました✨
S様がTOTOのショールームで選んだ【ザ・クラッソ】
やっぱりスタイリッシュでオシャレですね。

TOTOは、創業時の社名『東洋陶器』略です。

 

 

ちょうど先日、TOTOからご招待頂き お茶会に参加して来たんです。
TOTOはトイレ、洗面器などの衛生陶器で約6割のシェアがあり
日本で一番。また、ユニットバスはTOTOが最初に発売しています。
お茶会では、TOTOにちなんだクイズ大会もあり大変勉強になりました。

明日は、本社(秋田県)の忘年会があり参加して来ます。
秋田県は初めてなのでドキドキです(^^)

喜久田町でもインフルエンザが流行り始めました。
体調管理、手洗いうがいしっかりやって行きましょう☆

 

【水害】国の補助金と次世代住宅ポイントについて

こんにちは(^^)

本日は、月一発行している『建友だより』を配布してきました。
12月はカレンダーも一緒にお届けしましたよ。

また、被災者生活再建支援制度、国の補助金の申請書類をまとめたり
復旧工事(リフォーム)をしている中で取得できる【次世代住宅ポイント制度】
こちらが、現在のお客様に該当する商品があるかどうか確認してました。

 

被災者生活再建支援制度(国)

被災者生活再建支援制度とは、災害で住宅に被害があった世帯に対し
被害の程度や住宅の再建方法に応じて支援金が支給される制度です。
支給額は、2つの支援金(基礎支援金、加算支援金)の合計額になります。

https://www.city.koriyama.lg.jp/taihu19/21361.html

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

(郡山市ホームページより引用)

▼次世代住宅ポイント

次世代住宅ポイントとは

次世代住宅ポイント制度とは、
一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や
家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、
さまざまな商品と交換できるポイントを
発行する制度です。

https://www.jisedai-points.jp/

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

こちらの制度は、被災者再建支援支援制度で補助金を頂いても併用出来ます。
現在、リフォームをされている方は確認してみてくださいね。
会社によっては手続きが面倒な為、教えてない所もあるそうなので…

 

 

郡山市水門町のS様邸に念願のユニットバスが入りました(^^)
TOTOのサザナです。高断熱浴槽なので次世代住宅ポイント対象の商品です(24000ポイント)
S様は仮設住宅へは行かず
住みながら工事を進めていたので、
お風呂は銭湯へ行ってました。
先日、早速 お風呂に入ったS様より

「生きかえった~」と所長にメールが届きました(*^-^*)

我が家でお風呂に入れる幸せ。
S様のメッセージが、過酷だった日々を物語っていました。
ここまで本当に頑張りました。

 

 

 


昨日、ハウスクリーニングが入りました。
内装はリビング・和室は塗装仕上げ。ふすまも張り替え
とても綺麗になりました。

リビング→天井は水につからなかったので既存のままです。
床→既存の床の上にフローリングをはりました。
これからカーテンがつきます。

 

 

 

 

水害【復旧工事】前へ、進む

環境を整える

郡山市安積町。この地域も場所によって大変な被害状況に遭われていました。
その地域にお住まいのM様邸が今回の工事現場です。

以前のブログタイトル【水害から1ヶ月】の記事内に少し書いていましたが
M様は大規模半壊でした。

また、ペットがいる為
中々、仮設住宅が決まらず
本来、住めない状況のもと
自宅に居るほか無かったのでした。

しばらく、居住スペースを送風機で乾かしながら暮らしていました。
その中で、見積もりを作成し、予算内で出来る内容等の打ち合わせを重ねている中
仮設住宅が空き、やっと移動出来る事になりました。

ようやく工事も出来るようになりました。

まず、行ったのは 環境整備でした。
日当たりのいい南側の広いお庭が
草木で生い茂り
部屋の中がうす暗く、光が入らないので
濡れた部屋が乾きませんでした。

 

 

職人さんにより、サッパリして頂いた事で空間ができ光と風を取り込むことが出来ました。

 

ご主人の変化

初めてお会いした時、ご主人はやる気が無い状態でした。でもやらないと暮らせない。
いろんな複雑な気持ちを抱えながら、奥様がご主人に『やろう』と、説得していただいたり
所長も時間をかけ、気持ちをくみ取りながら、少しずつ信頼関係を築いてきました。

M様も徐々に心境の変化が現れて来ました。

お庭も整備され心地良い空気と光を感じることができ
空を見上げる事もできるようになったのかも知れません。

顔つきまで変わってきて今では、やる気に満ち溢れています。
ここまで、前に進む事ができて、本当に良かったです。

 

解体工事

いよいよ解体工事が始まります。

その前に、既存の床はそのまま使用するので
私と夏希さんで床の掃除と床の消毒を行いました。

庭が整備された事で、日当たりがよくなったのが分かります✨

秋田県(本社)の大工さんの応援で、2日間で解体が終わり
3日間で解体したものを片付けました。

 

 

廃棄処理を分別し、廃棄処理場まで運びました。
本社の社員さんが、片付けの手伝いに来て下さり私達には足りない『力』を貸して頂きました。

秋田弁の方言と福島弁の方言の会話はおもしろいんですよ。
私は、この数か月で、更に、なまった気がします(笑)

業者さんへお願いするのは簡単ですが
自分達で行う事で、処分費用がかなり抑えられます。

 

 

本日で、片付けが終了しました!

現在、今まで出来なかった床下を乾燥させています。
乾いたら床下と壁、外周りの消毒が入ります。

 

引き続き、水害に遭われたお客様で
どうしたらいいのか分からず、困っている方がいらっしゃいましたら
事務所までご連絡、又は、ホームページのお問い合わせより
メールにてお知らせくださいね。

今年も残り少なくなって来ました。
どうか、体調管理に気をつけて、無理せずお過ごしください(^^)

 

ふくしまの住まいづくり*自分スタイルの家*

 

先日、ふくしまの住まいづくりが書店にて発売されました☆   定価499yen

 

 

今回、38ページから41ページにかけて
弊社の施工事例・F様のインタビューが掲載されています(*^-^*)
是非ご覧ください。

取材にご協力頂いた郡山市のF様ありがとうございました*

 

今回の住まいづくりのテーマ、特集は
好きな空間で過ごす『自分スタイルの家』

これから住まいづくりをはじめる方・リフォームをしようか悩んでいる方
どんな理想の住まいを描いていますか?

「こんなお家に住んでみたいな」

「このお家でどんな楽しい時間が待っているのだろう」

「どんな間取りがいいかな」

考えているだけでワクワクします。

 

20年30年と長く暮らす家だからこそ

「妥協せず、自分の思いを形にしたい」

家づくりには 夢や希望が沢山溢れています。

 

その夢や希望を形にするのが
私たちの仕事です。

 

お客様の心・声に 耳を傾け

ヒアリングと話し合いを繰り返し
行う事で、信頼関係ができ
より良い暮らしの提案が生まれて来ます。

いろんな雑誌やネットを見て、
「素敵だけど、どうせ無理だろう…」と、初めから諦めないでくださいね!
 

新築からリフォームまで
現在の悩み・これからの希望
みなさんのお話を沢山、聴かせてください*

 

 

 

片付けに必要なタイミングとは

こんにちは(^^) 今年も残り僅かとなりました。
12月は何かと忙しい時期です。今年は、慌てず普段通りに過ごしたいので
今から年内にやっておきたい事を考えながら進めています*

因みに、仕事の事ではなくプライベートです(*^-^*)

先日、その一つだった
☑ 美容室 へ行って来ました✨
最近はボブのスタイルに落ち着きました。

そして、やりたい事 残りはこの3つ‼

①大掃除
②整理整頓
③収納の見直し

本日は、②整理整頓について語ります(^^)

 

【同居の片付けどうしてますか?】

私の自宅は、完全二世帯住宅なので1階にある台所・洗面・浴室は共有しています。
年末の大掃除も大変です。普段の掃除だけでも大変なので尚更です。

じーちゃん・ばーちゃんと同居してると使ってない物が沢山ありますよね(>_<)
家もそうなんですが、私は、割り切っています。

この世代は「物を粗末にしない」「まだ使える」「勿体ない」「思い出の品」など、
長い人生を歩んできた分、思い入れも強いです。
捨てれない気持ちも分かります。これらは高齢者の整理収納では、よくある事です。

そして、掃除が大変な理由の一つに、
隙間、棚上があいていると、テトリスのように
物を埋めていく。(置いてしまう)
なので、ほこりが凄いですよね。床やテーブルの上もそうです。

何件か片付けのサポートやアドバイスをしてきましたが
私の場合、 無理に捨てません。

じーちゃん、ばーちゃんは、モノが捨てられないけど
人にあげる事はできるんですよね。(^^)

一緒に住んでいると
嫁は、見て見ぬふりをするか、あきらめるか、割り切るか、
別に何とも思わないか、何とかしようとするか
。です。

私は、ずっと、何とかしたかった人です。
ここで、長く暮らすのだから、せめて共有部分くらいは
ストレス無く暮らしたい。いつか、暮らしを整えたい。
ずっとそう思って来ました。
そして、暮らしを楽しみたい、自分のお家が好きになりたい

今でもこの想いは変わりません。

家事や掃除がラクな生活って憧れませんか?
好きなもの・本当に必要なモノだけの中で暮らしたいと思いませんか?


はじめに、『割り切る』と書きましたが
私が片付けたいと思う場所は、共有している台所と洗面です。
両親の部屋や居間など、義両親がまだ元気に動けるうちは
手を出しません。掃除もしてません。ここは割り切っている所です。
体が動かなくなって来た時はやります(^^)

今は、有り難い事に、普通に片付けてくれてます。

ただし、足の踏み場がなく、お客様が呼べない状況の時は
解決しなくてはならないと思います。

 

【たった2つの器が増えただけなのに
   大型食器棚が片付いた】

驚きました。

先日、ある事がきっかけで自宅の大型食器棚を全部片付ける事が出来たんです!
45ℓゴミ袋10袋分。写真以外にも、まだまだありました。

 

【片付けられたきっかけ】

①おかあさんが買って来た、新たな器‐うつわ‐(二個)。しまう場所が無かったのです(^^;)
「おかあさん…この食器、しまう所が無いので少し、片付けてもいいですか?」
OKをもらいました(*^-^*)

②何かを減らさないと収まらなかった。
「おかあさん…何か減らさないと入らないので、この中で処分しても良さそうなのありますか?」
※この時、私の中では2個入れば良かったので、いきなり処分していいものを聞いてます。

③月1の燃えないゴミの日がちょうど、明後日だった
「おかあさん…明後日、燃えないゴミの日なのでついでに 片付けませんか?」

ゴミの日を確認したお陰で、おかあさんもやる気が出ました。あれもこれも、どんどん処分していきました。
まさか、ここまで処分してくれるとは思っていなかったのでビックリでしたΣ(゚Д゚)
なので、ビフォーの写真を撮ってません(>_<)失敗

片付けは一人でやろうと思うとできません。
誰かに後押しされるか、一緒にやる人がいるか、
家族の人に「片付けろ!」と怒られてやるか… 笑

本当はみんな、片付けたい、何とかしたいと思っている場所が
あると思うんです。

でも、どうやって片付けていいのか分からない。

片付け始めれば 出来るのに、取り掛かるまでに時間かかる。
「忙しい」「やる時間が無い」と理由をつけたくなる。

片付けは、タイミング・きっかけが、とっても大事。

 

【片付けはゴミの日を目安に】

私がおすすめしたいタイミングは、ズバリ、ゴミの日です。
よく、やっている事が「明日、燃えるゴミの日だから、溜まった学校のプリントを捨てよう」
「明日、資源物だから何か捨てるの無かったかな?」と自問自答しています。又、
家族にも「明日、ゴミの日だけど捨てるのある?」と、声を掛けています。

ゴミの日が近い、最大のメリットは

①出す事を忘れない。
②すぐ出せて片付く。

ゴミの日を確認するようになったきっかけの写真です。
随分前に、自分のクローゼットを片付けた時、ゴミの日がまだ先で、
しばらく放置されてました。

片付いた気分になれなかったのです。

これから年末年始に向けてお掃除や整理整頓される方も沢山いるかと思います。

今年の終わりまでに、心も、身の回りも整えて
2020年 気持ちよいスタートが出来るように少しずつ出来たらいいですね(^^)

 

 

【復旧工事/消毒】郡山市水門町・田村町のお客様

こんばんは(^^)

ここ1週間、毎日現場へ行き
解体工事のサポートをしていました‼

 

私の現場での仕事は、大工さんが剝がした床(木材)と断熱材を仕分けし
軽トラックに積み回収場所まで複数回、運びます。運ぶのは私一人ではございません。
夏希さんと連動しながらお互いに協力しています。(^^)

大工さんが仕事を進めやすいようにテキパキこなします。
弊社では現在、本社(秋田県)の大工さんが手伝いに来ています✨

大工さんに片付けを期待されているので引き続き頑張ります☆

木材はリサイクルセンターへ運びました。初めてこの木材の山を見た時はとても
驚きました。一旦、回収をストップするそうです。この写真で写っているのは煙ではなく
水蒸気なのです。

先日、夏希さんとここに来た時に他の業者さんから
「これ、あんた達で運んで来たの!?」と驚かれてしまいました( ´艸`)

 

運び終わったら、基礎部分の掃除機がけを行います。
送風機をしばらくかけていても奥の方はまだ湿っていました。

壁も染み込んでいました。

今、この場所は綺麗に乾いてます✨

 

そして、本日、消毒の業者さんが入りました(^^)
先ずは、水門町のお客様からです。

水門町は190㎝も浸水していたので
ほぼ1階がダメになってしまいました。

 

床下に潜り込み消毒して行きます。

 

 

 

消毒は、エアースプレーの様な感じで行っています。壁を剝がした所、全て行います。
勢い良く噴霧され、吹きつけた所は濡れているので分かります。

 

 

外側も、しっかり行いました。

 

 

続けて、田村町のお客様宅へ行きました。

 

 

同じ様に隅々まで消毒を行いました。
消毒が終わると再び、木工工事が始まります。
断熱材を入れ床を張ります。

また元の生活が送れるように綺麗に内装していきます✨
職人さん、宜しくお願い致します‼

++++++++++++++++++++++

先日、同じく水害に遭われたお客様からお電話頂きました。
明日は、そのお客様のご自宅へお伺いし状況を確認して来ます‼

日に日に寒さが厳しくなって来ました。

1日でも早く、暖かく暮らせるように、職人さんと
力を合わせて頑張って行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

水害から1ヶ月 

 

あの大きな水害が起きて今日でちょうど一ヶ月。
被災地へ行くと、まだまだ元の生活が送れる状態ではないですが
街を見渡せば道端に沢山出ていたゴミも無くなり一歩ずつ、ゆっくりですが
前に進んでいるんだなと感じます。

その一方で、実際被災地に住んでる皆様で立ち止まったままの人達が沢山いる事も事実です。
復旧工事をお願いしても業者さんが忙しく、3月以降まで待たされ『放置されている』と感じてしまう方もいます。
仮住まいも順番待ちで待っている方、又、仮住まいに行きたくてもペットがいる為
移動できない方もいらっしゃいました。現在その自宅では送風機を貸し出し
暮らすスペースから乾かしています。
しかし、1階天井近くまで3日間も水に浸かっていたのでそう簡単に乾きません。

でも、今出来る事を少しでもやる事で希望がもてます。

現在、何も出来なくて困っている方がいらっしゃいましたら
無料でご相談承っていますので事務所の方にご連絡くださいね。

電話番号 024-959-6899

※送風機は一週間無料で貸し出しています。

※床下の水抜き(排水ポンプ)は無料で貸し出ししています。限定2台

 

 

一級建築士の夏希さんが自宅を調査し見積もりするのに必要な間取りを
その場で書き下ろし事務所で図面を作成していました。