スタッフブログ

【水害】被災住宅の応急修理について。変更有

おはようございます!

水害から間もなく4ヶ月が経ちます。
先日、郡山市のホームページを見たら
住宅の応急修理が
令和2年2月28日まで期間延長されていました。

又、郡山市のホームページよりも
福島県のホームページ【被災住宅の応急修理について】
の方がより詳しく書いてありましたのでリンクをはりました。

『家は対象になるのかな…。』と、気になる方は確認してみて下さい。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025b/taifu19-oukyuusyuuri.html
変更されている点がいくつかあります!

【被災住宅の応急修理制度Q&A】
↓ こちらも参考になるので、リンクをはりました。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/358792.pdf

 

本当は、郡山市の相談窓口に直接、電話して聞いた方が確実なのです。

何でも聞いてみる。これが一番です。

※変更が多いので(>_<)

 

この応急修理についてのお問合せ先

郡山市交通部住宅政策課
(郡山市役所本庁舎3階)

電話番号 024-924-2631

 

 

 

【水害】「59万円貰える」って聞いたけど?

 

お客様より、何度か聞かれる事がありましたので
本日は、この支援制度について書いて行きたいと思います。

 

59万円貰える支援制度とは【住宅の応急修理】です。
正しくは、
1世帯あたりの限度額は59万5千円、
(一部破損、損害割合10%以上・準半壊は30万円です)

詳しくはこちらにリンクを貼りました。↓

https://www.city.koriyama.lg.jp/taihu19/21142.html

 

(申し込み期間 令和2年1月30日まで)※令和元年12月23日修正

 

被災地のご近所さん同士で、色んな情報が流れてきて
当然、皆さん『何それ!?』となりますよね

実はこの支援制度、当初より緩和されたのご存知でしたか?(令和元年11月23日修正)
応急修理範囲や申し込み期間の延長がされていたんです。
私も『え―――!?』て、感じだったんですが、

基本的に、この支援制度は自ら修理する資力のない世帯に対して、法に基ずく措置です。
【資力のない世帯】これを証明するものについて以前は『所得証明書』が必要でした。

しかし、現在はご本人様の『申出書』に変わりました。

市役所へ問い合わせをした所、申出書とは『添付された様式に、理由を書けばいいそうです。』
全壊の所はこの様式は要りません。

①仮設住宅・(民間借上げ)等へ避難されてる方は対象外
②下記の応急修理の範囲にあてはまり、半壊もしくは全壊で、り災証明書が発行されている場合対象。

この二点でまず、判断してみて下さい。

 

郡山市役所本庁2階正丁 被災者支援相談窓口がございます。
今後の生活での不安、困り事などございましたら是非、利用して下さいね。

弊社でも、
住宅の建て替え・リフォーム工事・新築住宅・土地探しなど
今後の暮らしについて、ご相談承っております。

1.対象世帯

以下の全ての要件を満たす世帯

(1)当該災害により一部損壊(損害割合10%以上:準半壊)、半壊又は大規模半壊の住家被害を受けたこと。全壊は応急修理によって居住が可能となる場合は対象。
(2)応急修理によって避難所等への避難を要しなくなり、引き続き居住すること。
(3)応急仮設住宅等(民間借上げを含む)を利用しないこと。
(4)一部損壊及び半壊の住家被害を受けた世帯は、自らの資力では応急修理できない旨の申出書を提出すること。

2.応急修理の範囲

1.屋根等の基本部分
2.ドア、窓等の外部に面した開口部
3.上下水道等の配管・配線
4.トイレ、風呂等の衛生設備
のうち日常生活に必要欠くことのできない部分でより緊急を要する箇所を実施する。

 

郡山市のホームページを見てみると

水道料金1・2か月分減免、下水道使用料1.2か月分減免など
出ているので、ホームページを今一度、確認してみて下さいね。

 

【水害】国の補助金と次世代住宅ポイントについて

こんにちは(^^)

本日は、月一発行している『建友だより』を配布してきました。
12月はカレンダーも一緒にお届けしましたよ。

また、被災者生活再建支援制度、国の補助金の申請書類をまとめたり
復旧工事(リフォーム)をしている中で取得できる【次世代住宅ポイント制度】
こちらが、現在のお客様に該当する商品があるかどうか確認してました。

 

被災者生活再建支援制度(国)

被災者生活再建支援制度とは、災害で住宅に被害があった世帯に対し
被害の程度や住宅の再建方法に応じて支援金が支給される制度です。
支給額は、2つの支援金(基礎支援金、加算支援金)の合計額になります。

https://www.city.koriyama.lg.jp/taihu19/21361.html

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

(郡山市ホームページより引用)

▼次世代住宅ポイント

次世代住宅ポイントとは

次世代住宅ポイント制度とは、
一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や
家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、
さまざまな商品と交換できるポイントを
発行する制度です。

https://www.jisedai-points.jp/

↑詳しくはこちらクリックで見れます。

こちらの制度は、被災者再建支援支援制度で補助金を頂いても併用出来ます。
現在、リフォームをされている方は確認してみてくださいね。
会社によっては手続きが面倒な為、教えてない所もあるそうなので…

 

 

郡山市水門町のS様邸に念願のユニットバスが入りました(^^)
TOTOのサザナです。高断熱浴槽なので次世代住宅ポイント対象の商品です(24000ポイント)
S様は仮設住宅へは行かず
住みながら工事を進めていたので、
お風呂は銭湯へ行ってました。
先日、早速 お風呂に入ったS様より

「生きかえった~」と所長にメールが届きました(*^-^*)

我が家でお風呂に入れる幸せ。
S様のメッセージが、過酷だった日々を物語っていました。
ここまで本当に頑張りました。

 

 

 


昨日、ハウスクリーニングが入りました。
内装はリビング・和室は塗装仕上げ。ふすまも張り替え
とても綺麗になりました。

リビング→天井は水につからなかったので既存のままです。
床→既存の床の上にフローリングをはりました。
これからカーテンがつきます。

 

 

 

 

【郡山市】被災した皆様へ・各種支援制度のお知らせ更新

 

郡山市のホームページに

今回の台風19号で被害に遭われた方への

各種支援制度が掲載されましたので

ご確認お願い致します。

 

又、自宅の写真を撮っておいて下さい。

 

1・建物の全景

2・浸水した深さが分かる写真

 

り災証明書の発行、水災の保険に加入している場合必要になります。

 

※撮影する前にお掃除や片付けてしまった場合、り災状況が分かる詳細や見積書などでも代替は可能となります。

 

 

 

▼以下郡山市ホームページより

コールセンター

電話番号

0800-800-5333(フリーダイヤル)

開設日時 10月15日(火曜日)午後4時から

開設時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝休日も開設)

相談窓口

場所 郡山市役所正庁舎(本庁舎2階)

開設日時 10月15日(火曜日)午前10時

開設時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝休日も開設)

 

台風19号に係る各種支援制度

 

一日でも早く平穏な生活に戻られることを心からお祈りいたします。

 

 

 

■住まいの支援制度について

こんにちはクローバー

 

 

先日、住宅セミナーに参加して

来たんですが

 

 

こちらは福島県建築士事務所協会で作成したものです。

 

正直、こんなに住まいの支援制度が

あった事に驚きました 目

 

 

私は、郡山市在住なので

郡山市のホームページはよく確認していますが

普通に見ていてこんなに沢山は出できません。

 

※ホームページ内、住宅支援制度

で検索したら出てきました。

 

 

セミナーから帰って来て

この情報一覧はどこで見れるのだろうと

探しました。

 

 

福島県ホームページに

ございましたのでリンクを貼りました。

市町村で異なりますので

これから住宅の改修工事等

検討されてましたら一度

見てみてくださいニコニコ

 

こちら→ 令和元年・県、市町村による住宅建築等への支援制度

 

現在、住宅以外でも子育て、介護、生活など沢山の支援があります。

住宅の住みやすさはもちろん、

私たちが暮らす市町村の住みやすさも大事ですね。

ちょっと考えさせられました。

 

■ 国土交通省が主体の制度 (一部)

 

 

こちら→ すまい給付金 

  (消費税8~10%で住宅を購入された方の

   負担を軽減するする為の制度)

 

こちら→ 住宅ローン減税 

  (住宅ローンの金利負担を軽減するため、

   年末のローン残高の1%を所得税から控除する制度)

 

こちら→ 次世代住宅ポイント

  (一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす

   住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、

   さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度)

  

注意次世代住宅ポイントは

他の補助金との併用が出来ません。

 

(以下 次世代住宅ポイント よくある質問より引用)

…………………………………………

 

住宅の本体工事の全部又は一部を対象とする国の他の補助制度との併用はで
きません。
住宅の新築に係る代表的な補助制度との併用の取扱については次の通りで
す。
【併用可】
・すまい給付金
・住まいの復興給付金
・外構部の木質化対策支援事業
・住宅ローン減税等の税制優遇
・解体工事への補助
【併用不可】
・地域型住宅グリーン化事業
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事

・市街地再開発事業 等
・サステナブル建築物等先導事業
・家庭用燃料電池システム導入支援事業

 

 

 

*********

 

 

  9月モデルハウス内覧会のおしらせ

 

7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)

10:00~16:00

 

会場のご案内はこちらからです

➡ アンティークスタイル風~かぜ~