施工事例

アンティークスタイル N様邸

白い外壁にナチュラルブラウンのサッシがアクセント。シンプルだからこそ上質感が際立ちます。
広々玄関ホール。レンガタイルで飾り付けたピザ窯ニッチが玄関を華やかに演出してくれます。
リビングの南面のスキップ天井に設けた高窓から部屋の奥まで日光が届きます。部屋の一部をフラット畳コーナに。畳の下には床暖房搭載で冬はぽぬくぬくとくつろげます。
キッチン対面カウンターは2段になっていて、ポットやコーヒーメーカーなどもセットできるコンセント付き。背面のアクセントクロスが食卓をオシャレに彩ります。
木のぬくもりを感じるキッチン収納はお施主様のこだわり。レトロなガラスが味わいがあります。
梁、カウンター等の木部は、柿渋や植物素材を原料とする自然塗料仕上げ。スキップフロアの天井は杉板を柿渋のサクラピンク色で仕上げています。
主寝室やキッズルームへつながる2Fホール。家族みんなが目にする壁面収納には、思い出の品を飾るそうです。
ホールの一角のスキップフロアは奥様のワークスペース。杉の木目が清々しい床にも「さくらピンク」の自然塗料が使われています。
子供部屋の壁一面には、奥様お気に入りの柄のクロス。奥には広々ウォークインクローゼット。
夜は照明のふんわりした灯りとブラウンのアクセントクロスで落ち着いた色合いの主寝室。
洗面化粧室の中にもタオルや下着、バス用品等をすっきりしまえる収納。化粧台の棚と鏡はお施主様の好みに合わせて造作。
トイレのカウンターの上は飾り用のニッチ、下には収納スペース。
リビングの吹き抜けに現しの高さ33㎝の化粧梁。この大きな構造体が建物をしっかりと支えています。

 

 

 

アンティークスタイル H様邸

広々リビングルーム。ダイニングは子上がり和室でゆったりと。
玄関ホールは珪藻塗り壁ならではの柔らかな質感。正面のかまくらニッチがお客様をお出迎え。
1階トイレはグリーンの手洗い器と、モリスのアクセントクロスにこだわって。
階段の途中にリビングとの明り取り窓。レトロのガラスからゆらゆらと差し込む光がキレイ。
階段と2階ホールはアイアンのオリジナル手摺。
古民家のレトロかわいい窓ガラスをリメイクした飾り窓。
子供部屋は将来2部屋に分けられるよう対称に。窓側の安達太良山の絵は塗装屋さんがキラキラビーズで手書きしたもの。
寝室はベッドスペースとくつろぎスペースをTV収納棚でゆるやかに間仕切って。
くつろぎスペース側は本棚に。モリスのグリーンの壁紙がアクセントに。
寝室天井上に設けた広々ロフトスペース。
寝室に隣接した大容量ウォークインクローゼット。
玄関庇はどこか昭和レトロ。正面の石目模様は塗装屋さんが手書きした完全オリジナル。
奥まった玄関ドアの面にはアンティーク調タイルで重厚感を。
子上がり和室の下は引出し収納になっています。
出入口がアールがおしゃれなキッチンパントリー。中の棚は自由に高さを変えられる可動棚。

 

リビングTVボードの両サイドは大容量の収納BOX。
1階の床は、ナラの無垢フローリングに自然塗料を施した柔らかな足さわり。
リビングのテレビボード背面も玄関と同じ、アンティーク調タイルでこだわりました。

 

 

アンティークスタイル T様邸

玄関アプローチ。まるで隠れ家の喫茶店に誘われて入るような気分に。
2世帯住宅共有の玄関ホール。ここから両サイドに各世帯に分かれます。
子世帯のリビングルーム。広さと解放感にこだわったリビングは、高天井から部屋の隅々まで光が差し込みます。
高天井には浮造り加工で化粧した構造の梁とシーリングファンが、レトロカフェのようなリッチな空間を演出をします。
リビング出入口は、床や梁と同じブラウンでこだわった無垢の塗装ドア。お部屋のインテリアのアクセントに。
子上がり和室のダイニング。奥の地袋はお気に入りのモリスの壁紙。
造り付けの木製食器棚がキッチンをおしゃれに魅せます。
1階トイレ。T様ご自身が選んだ全体の木目調とニッチのアクセント壁紙が絶妙のバランス。
洗面所は思いっきり花柄で楽しい気分に。
階段室とリビングの間に、T様がご自身でご用意されたレトロな飾り窓を。
広々寝室は、手前がベッドスペース。奥はパソコン台とくつろぎスペース。
ベッドスペースの天井は杉板張りでログハウスのペンションに泊まりに来たような気分に。
子供部屋は壁紙の一部を子供らしく。
リビング高天井の上の2階ホールそこからさらにロフトへ。
親世帯のリビングダイニング。こちらはバリアフリーに。
白い外壁に赤いマーブルの洋瓦がアクセント。

リフォーム事例 Y様邸

 

 Before

築32年の母屋にプラスして、何度も増築を重ねたY様邸。
建坪55坪と広さは十分ですが、増築を重ねるうち、日当たりが悪いお部屋ができてしまい、その多くが物置に…。

元々の間取りは純和風の畳間続き。物が多く、なかなか片付かないのもお悩みでした。断熱性も低く、冬は寒くてキッチンにいられないほどだったそう。

 After

外観や主要な柱・梁はそのままに、床や壁をはがして断熱材を充填。

構造を補強し、耐力壁で耐震性もアップ!

玄関周りを一新し、アンティークスタイルらしい趣に。

リフォーム後の外観。玄関を西側の道路面から南側に移動しました。
伊藤建友のアンティークスタイルらしい玄関にフルチェンジ。手前の土間ポーチは猫ちゃんお気に入りのひなたぼっこスペース。
古き良き時代の香り漂うレトロなガラスも元の家のものを再利用。奥の階段は元の家のものをそのまま生かしています。
玄関脇に大容量のシューズクローク。下駄箱に入りきれないご家族皆のぶんの靴が収納できます。
リビングルームはY様があこがれていたアンティークスタイルそのもの。ドイツ生まれの壁紙オガファーザーならではの柔らかな質感があります。 以前はお友達を招きづらかったそうですが、「今はお友達とティータイムを楽しんでいます」と奥様。毎日の暮らしががらりと変わったそう。
パントリーに小上がり下の引き出しと収納力も抜群。ものが多くて片付かない!と言うお悩みも解決。 また、リフォームを機に不要なものを処分し、現在はすっきり空間をキープしているそう。
2階子供室は娘さんらしく可愛いらしいお部屋に大変身。
お風呂も断熱ユニットバスに一新して毎日ポカポカ。

クロスライン S様邸

ツートンでスタイリッシュな外観。玄関ポーチは道路から直接玄関ドアが見えないよう外壁で囲われています。
玄関ポーチ内。縦スリットで明るさも充分にあります。
玄関隣には土間続きのシューズクローク。灯油やスコップなどが置けて便利。
ご主人があこがれていた開放的な吹抜けのリビング・ダイニング。2階の窓からの光が部屋の奥まで届きます。
リビングに続きの子上がり和室は天井までの間仕切り建具ですっきりオープンにすることも。
お子様の昼寝やご主人の晩酌スペースとなる和室。キッチンと対面の小窓から奥様がおつまみをはいどうぞ。
キッチンは奥様こだわりの造り付けの木製食器棚とパントリーで収納充実。ダイニングとは配膳のスムーズさにこだわりました。
リビング階段下のスペースをTVボードスペースに。空間を有効に使ってすっきり広々。
寝室は一面をアクセントクロスに。書斎、ウォークインクローゼットと続きます。
書斎の奥に大容量ウォークインクローゼット。
2階ホールからロフトに上がる直階段。まるで3階建てです。
ロフトはご主人の趣味の部屋だそう。

店舗併用住宅 E様邸

不動産会社の事務所と自宅併用の住宅。重厚感ある石目調の外観は、軽井沢の別荘をイメージして。
自宅側の玄関は木目調の外壁に透かし柄の親子ドアがアクセント。
玄関中から見ると、キラキラとまるで木漏れ日のよう。大容量の造り付け玄関収納でいつもすっきり整頓できます。
家族皆が集まる大空間のリビングダイニング。和室との間仕切りは天井までのアルミパネルで解放感を。
和室は木目の美しい杉の化粧板を天井に。床の間の違い棚収納はもみ殻で出来たパネルでひとつひとつ手作りです。
水回りは全て、奥様が一目で気に入った黄色いフラワーの壁紙で統一。
2階は大空間の多目的ホールと吹抜け。玄関ホールと広いリビングの真ん中にも光が差し込みます。
事務所は明るくアットホームに。玄関を挟んで奥が事務スペース、手前が接客スペース。接客テーブルも和室天井と同じ杉板のオリジナル。
店舗側玄関。